凧市

ミュージアム
0 Love It
保存する
凧市

江戸時代から続く伝統の行事、凧市。境内には凧屋が、周辺には露店が並び、大勢の人々で賑わう。江戸のまちはよく火事に見舞われ、熱風が大火につながることから、風を切って上る凧を火事除けのお守りにと、民衆が王子稲荷神社の奴凧を買い求めたのが始まりとされている。毎年、2月の午の日(三の午はない年も)に開催される。

※国認定重要美術品の柴田是真の『額面著色鬼女図』、谷文晁の龍図の一般公開は11時00分~16時00分