丸ノ内線全通50周年記念展

ミュージアム
0 Love It
保存する
丸ノ内線全通50周年記念展

丸ノ内線は、1962年(昭和37年)1月に荻窪まで、同年3月には方南町まで、それぞれ開業し、以来、今年で50周年を迎えた。丸ノ内線の開業は、戦後復興の象徴的事業であり、山手線のターミナルから内側の都心方向へのアクセスとして重要な役割を果した。 50年を振り返り、開業の経緯のほか施設・設備の移り変わりなどを、パネルやDVD等で紹介する。