お鷹の道 真姿の池湧水群

ミュージアム 国分寺
0 Love It
保存する

武蔵国分寺跡資料館や万葉植物園など、国分寺の散策エリアにある清流と湧水群。『お鷹の道』は、ハケ(武蔵野段丘、国分寺崖線)から湧く清流に沿って整備された遊歩道で、蛍の鑑賞スポットとしても人気がある。名前の由来は、江戸時代に尾張藩の鷹狩り場になっていたことから。遊歩道を西へ進むとあるのが、『真姿の池』。平安時代、不治の病に苦しんでいた玉造小町(たまつくりこまち)が御告げに従って沐浴したところ、病が治り、美しい姿を取り戻したという伝説を持つ。周辺に湧く『真姿の湧水群』は、1985年、環境省の“名水百選”に選定。湧水を汲みに、現在も多くの人が訪れる。

掲載日

ヴェニュー名 お鷹の道 真姿の池湧水群
問い合わせ
住所 東京都国分寺市東元町3
東京

アクセス JR『西国分寺』駅(南口)徒歩15分 JR『国分寺』駅(南口)徒歩20分