アップデイトダンスNo.38「牧神の午後」消えゆく書体

0 Love It
保存する
アップデイトダンスNo.38「牧神の午後」消えゆく書体

2016年7月で3周年を迎えたKARAS APPARATUSにて上演される「アップデイトダンス」シリーズ。同シリーズは、勅使川原三郎の芸術的精神に基づき、呼吸と同じように休むことなく日々更新されていく生き生きとしたダンスを、間近で観ることのできる画期的な試みの公演だ。今回は、ニジンスキーのバレエで有名な『牧神の午後』のもととなったマラルメの詩に着想を得た、60分の作品が上演される。

関連記事
アーティストが場を持つということ

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening