“トーキョー・サマー・ マッドネス” または:私は如何にしてシャツを脱ぎ ゆかたを着るようになったのか?

ショッピング
0 Love It
保存する
“トーキョー・サマー・ マッドネス” または:私は如何にしてシャツを脱ぎ ゆかたを着るようになったのか?

10人のデザイナー達が思い描く絵を、明治の末期に出現した伝統の染色法である注染が形にした、新しい“ゆかた”たち。UNDERCOVER(アンダーカバー)、PHENOMENON(フェノメノン)、WACKO MARIA(ワコマリア)、GB(ジービー)、MINA PERHONEN(ミナ・ ペルホネン)、G.V.G.V.(ジーヴィージーヴィー)、White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)、TAKAHIROMIYASHITATheSoloIst.(タカヒロミヤシタザ ソロイスト)、mastermind JAPAN(マスターマインド・ジャパン)、PORTER(ポーター)が創り上げた柄と、注染が産み出した色の饗宴。また、ゆかただけでなく、パナマハットや丸眼鏡、パイプ、ステッキ、和スイーツなどを合わせ、新たな“東のプレッピースタイル”を提案する。

LiveReviews|0
1 person listening