「PARIS SERA TOUJOURS PARIS!」 エリオット アーウィットが見つめたパリ

0 Love It
保存する
「PARIS SERA TOUJOURS PARIS!」 エリオット アーウィットが見つめたパリ

『「パリ変わらぬパリ、世界で一番美しい街」という歌がある。少し尊大な感じがするかもしれませんが、実際パリは本当にそうなのです。美しさはたいてい表面にありますが、そこに本質が宿ると強力な磁石になります。それこそが私が撮ろうとしているパリなのです----。』 このように語るエリオット アーウィットは、フランスを愛する両親のもとパリで生を受け、幼い頃をミラノで過ごした。陸軍に入りフランスに配属されたのをはじめ、今までに数え切れないほどパリを訪れ、パリに強い愛着を感じている。本写真展の作品の数々は、第二次世界大戦直後から今日に至るまで、愛機ライカを片手に何度となくパリを訪れる中で誕生した。アーウィットの”パリ”の写真には、古きパリと新しいパリがともに記録され、パリといえば連想されるようなロマンチックなイメージは伴わない。そこには、持ち前のウィットに富んだ観察力で、パリっ子とその犬の日常生活から、絶妙でしばしば喜劇的な一瞬が引き出されている。それは誰もみたことのない瞬間、見る者を深く考えさせ、物語を想像させる。

本写真展では、近年出版された『Elliott Erwitt's Paris』(teNeues、2010)から厳選した作品を紹介する。