ICC「オープン・スペース2011」

0 Love It
保存する
ICC「オープン・スペース2011」

ICCの持つギャラリー、ミニ・シアター、映像アーカイヴ「HIVE」などを総合したオープンスペース。2006年の開始以降、年度ごとに展示内容を変えながら、入場無料で公開している。国内外の著名アーティストや新進アーティストによるメディア・アート作品、現在進行中のプロジェクトを展示するほか、社会とメディア、アートの関わりの変遷をまとめたテーマ展示コーナーも展開される。展示作品に岩井俊雄『マシュマロスコープ』、重田祐介『がそのもり』、渋谷慶一郎+evala『for maria anechoic room version』など。