3.11以後の建築

アート, 建築
0 Love It
保存する
3.11以後の建築
1/3
伊東豊雄+乾久美子+藤本壮介+平田晃久+畠山直哉《陸前高田の「みんなの家」》 Photo: HATAKEYAMA Naoya
3.11以後の建築
2/3
岡啓輔《蟻鱒鳶ル》 Photo: TAKANO Ryudai
3.11以後の建築
3/3
バスアーキテクツ《えんがわオフィス》 Photo: TAJIRI Teruhisa (『EMAC』Vol.2より転載)

2011年3月11日に起きた東日本大震災は、建築家と建築界にも大きな意識の変化をもたらした。建築家がそれ以降どのような役割を果たし、どんな未来を描こうとするのか。本展では、21組の建築家が自分なりの手法で向き合う取り組みを「みんなの家」「災害後に活動する」「エネルギーを考える」「使い手とつくる」「地域資源を見直す」「住まいをひらく」「建築家の役割を広げる」という7つのセクションで紹介する。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening