輝ける金と銀 ー琳派から加山又造までー

0 Love It
保存する
輝ける金と銀 ー琳派から加山又造までー

いつの時代も人々の心を惹きつけてきた金と銀。その金と銀の使用法がひときわ多彩になる、明治時代以降の日本画に焦点を当てた展覧会。金箔を裏面に用いた特殊な和紙によって、柔和な光の表現を求めた横山大観や、金砂子を敷き詰める「撒きつぶし」の技法を活用した速水御舟など、新時代にふさわしい新たな日本の絵画を生み出そうと、様々な技法を試行錯誤した近代の画家たちは、金や銀をも多様な表現のために取り入れていった。本展では、近現代の画家が用いた、金と銀の表現の足跡を辿るとともに、その発想の源となった平安時代の料紙装飾や、江戸時代の琳派の絵画などもあわせて展示される。

イベントの電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
イベントのウェブサイト http://www.yamatane-museum.jp