超群島 HYPER ARCHIPELAGO

0 Love It
保存する
超群島 HYPER ARCHIPELAGO

3.11以後、アーキテクト/アーティストたちは世界をどう見るか?

2011年3月11日の東日本大震災以後、日本に限らず世界の状況は刻一刻、変化を遂げている。政治・経済のパラダイムのきしみ、エネルギー問題、都市と地方の格差などさまざまな課題が明らかになり、その解決策が模索されている。3.11は、近代システムの破綻をグローバルなレベルで顕在化させ、いくつもの問いを私たちに突きつけた。

3.11という歴史的事象から1年たった時を迎え、今後日本が目指すべき道筋に必要なグランドデザインや意思決定のイメージを提示しようとする「アーキテクト/アーティスト」たちに問いかける展覧会を開催。日本という国の存在をメタレベルで捉え、新たなインフラのネットワークから立ち上がる「超群島 Hyperarchipelago」ともいうべき構造を浮かび上がらせることを試みる。


Sputniko! 新作「Healing Fukushima (菜の花ヒール)」


出展予定作家
磯崎新、スプツ二子!、teamLab、大庭大介、石井七歩、SAM [田尾松太+井口美香]、キュルル feat. チハルチロル、dot architects+水野大二郎、403 architecture[dajiba]、mashcomix+TEAM ROUNDABOUT、藤村龍至

イベントのウェブサイト http://gyre-omotesando.com?p=784