荒木経惟 往生写集 -東ノ空 PARADISE

0 Love It
保存する
荒木経惟 往生写集 -東ノ空 PARADISE

常にセンセーショナルな話題を振りまき、社会の注目を集め続けてきた写真家、荒木経惟の展覧会。タイトルの「往生写集」は、平安時代の僧侶の源信が著した仏教書『往生要集』(985年)から想を得た荒木自身による造語だ。豊田市美術館(2014年4月22日〜6月29日)、新潟市美術館(2014年8月9日〜10月5日)、資生堂ギャラリーの3館合同で開催する企画展である本展は、それぞれに異なるサブタイトルと出品作で構成されており、2009年の前立腺癌の発症と摘出手術、その後の愛猫チロの死や東日本大震災の経験などが、荒木に自らの「死=往生」を意識させたことにより実現した。最終開催地の資生堂ギャラリーでは、「死=往生」から「再生」に向かっていく、荒木の現在の心境を捉えた作品を中心に、本展のために撮り下ろした『銀座』も展示される。

イベントの電話番号 03 3572 3901
イベントのウェブサイト http://www.shiseidogroup.jp/gallery
LiveReviews|0
NaN people listening