没後40年 髙島野十郎展ー光と闇、魂の軌跡

アート, 絵画
0 Love It
保存する
没後40年 髙島野十郎展 ―光と闇、魂の軌跡1
1/5
没後40年 髙島野十郎展 ―光と闇、魂の軌跡2
2/5
没後40年 髙島野十郎展 ―光と闇、魂の軌跡3
3/5
没後40年 髙島野十郎展 ―光と闇、魂の軌跡4
4/5
没後40年 髙島野十郎展 ―光と闇、魂の軌跡5
5/5

「蠟燭の画家」として知られる洋画家、髙島野十郎の没後40年を記念した展覧会。独学で絵を学び、美術団体にも所属しなかったため、生前に髙島の名が知られることはなかった。没後の展覧会をきっかけに、写実を極めた、息の詰まるような雰囲気を放つ世界観が注目されるようになる。代表作である『からすうり』や『蠟燭』、『月』シリーズのほか、初公開作品を含む約150点が展示される今回の展覧会は、彼の回顧展とも言えるだろう。自らの理想の絵画を追い続けた「孤高の画家」の生涯を見つめに行きたい。

掲載日

イベントのウェブサイト http://www.tnc.co.jp/takashimayajuro40/
LiveReviews|0
NaN people listening