榮榮&映里 妻有物語

0 Love It
保存する
榮榮&映里 妻有物語

北京を拠点に活動する中国人と日本人の作家によるユニット、榮榮&映里の展覧会。国際的に発表の場を広げる彼らは、北京の写真芸術の中心的存在。日本でも、2012年の『越後妻有アートトリエンナーレ』、2013年に森美術館で開催された『LOVE展』への参加などで注目を集めてきた。今展では、越後妻有で2012年に発表した作品をもとに、今年新たに撮影した作品を加えた『妻有物語(Tsumari Story)』を実験的なプリントで発表。均一化の進む現代の世界の中にあって、今もなお地方特有の文化的性質を色濃く残す山間の土地「妻有」から生まれた今作は、土地と暮らし、それらの物語を未来へと繋ぐ生命の環について、深い示唆をもたらしてくれるだろう。

イベントの電話番号 03 3268 2500
イベントのウェブサイト http://mizuma-art.co.jp/exhibition/1399617668.php