桃山茶陶と「織部好み」

アート, 工芸
0 Love It
保存する
桃山茶陶と「織部好み」
1/3
割高台茶碗 朝鮮時代
桃山茶陶と「織部好み」
2/3
青織部手付向付 桃山時代
桃山茶陶と「織部好み」
3/3
重要文化財 備前火襷水指 桃山時代(11/7~12/13展示)

古田織部の没後400周年展が白金台の畠山記念館で開催される。千利休が大成させた茶の湯を引き継ぎながらも、大胆かつ自由な気風の茶を好んだ織部。本展では、織部が活躍した時代の茶陶にスポットをあて、織部の志向した美に迫る。織部所持の「割高台茶碗」や重文「伊賀花入 銘 からたち」ほか、桃山茶陶の名品が一堂に展観される。

LiveReviews|0
1 person listening