東日本の職人と180人のクリエイターがつくる 印染トートバッグ展

0 Love It
保存する
東日本の職人と180人のクリエイターがつくる 印染トートバッグ展

アートやデザインの楽しさを感じてもらうため、1990年からスタートした毎年恒例のチャリティー企画展。2つのギャラリー(クリエイションギャラリーG8、ガーディアン・ガーデン)と交流のあるクリエイターがボランティアで制作した作品を展示・販売し、収益金をチャリティーとして寄付する。2011年は、3月11日の東日本大震災の復興への願いをこめて、「印染(しるしぞめ)トートバッグ」を180人のクリエイターがデザインした。

「印染」とは、大漁旗や袢天(はんてん・はっぴ)など、文字や図案をオーダーメイドによって、ひとつひとつ染め上げる、平安時代から続く伝統工芸の染物。被災した岩手、宮城、福島、茨城の4県は日本有数の漁港をもち、そこではこれまで、海の安全と豊漁を祈願して大漁旗が色鮮やかにはためいていた。

今回のプロジェクトでは被災地4県の染め物業を営む職人たちと共に、伝統的な「印染」によるトートバッグを作成した。2つの会場では、大漁旗のように青空が似合う元気なトートバッグ180点を展示・販売。トートバッグの販売収益金は、全て被災地への義援金として寄付される。