岡本太郎・布と遊ぶ

0 Love It
保存する
岡本太郎・布と遊ぶ

1951年、岡本太郎は美貌のファッションモデルの左胸に、絵具で真っ赤に染めた自分の手を押しつけた。純白のイヴニングドレスが次々と手形で彩られていく。ドレスという実用物がオブジェとしての芸術になった。岡本芸術がデザインとであった瞬間だった。テキスタイルに興味をもった太郎は、以来、布と遊ぶようになる。振り袖、帯、ゆかた、スカーフ、ハンカチ、ネクタイ…、はては絨毯や鯉のぼりまで、デザインのフィールドはどんどん広がっていった。

本展では、布と遊ぶ“岡本太郎”を展示。「芸術とは額縁に入れてありがたいと拝むようなものではない。なんでもない暮らしの中に息づくべきものだ」そう考えた岡本太郎の芸術観を体感してほしい。

イベントのウェブサイト http://www.taro-okamoto.or.jp/exhibition.html