岡山芸術交流 Okayama Art Summit 2016

0 Love It
保存する
岡山芸術交流
1/4
岡山芸術交流
2/4
岡山芸術交流
3/4
岡山芸術交流
4/4

岡山の旧城下町エリアを中心に展開される現代アートの祭典。東京の馬喰町のギャラリーTARO NASUの那須太郎が総合ディレクターを務める。また、アーティスティックディレクターとして、作品制作だけでなく、執筆やキュレーションなど幅広い分野でニューヨークを拠点に活動するリアム・ギリックを迎えた。大著『関係性の美学』のなかで、「関係性」を重んじる作品を「リレーショナルアート」と呼んだニコラ・ブリオーが、その代表的なアーティストとして挙げるギリックが関わるとあって、「芸術交流」の名に恥じない芸術祭となることが期待される。

そのほかの参加アーティストには、やはりリレーショナルアートの作家として知られるリクリット・ティラヴァーニャやフィリップ・パレーノをはじめ、サイモン・フジワラや島袋道浩、下道基行など日本国内でも人気の高い作家が名を連ねている。

関連記事
2016年、行っておきたい芸術祭

掲載日

イベントの電話番号 086-803-1042
イベントのウェブサイト http://www.okayamaartsummit.jp/
LiveReviews|0
1 person listening