奇っ怪紳士!怪獣博士! 大伴昌司の大図解 展

0 Love It
保存する
奇っ怪紳士!怪獣博士! 大伴昌司の大図解 展

大伴昌司(1936~1973)は、1960年代後半から70年代前半にかけて、少年雑誌の巻頭グラビアや図解記事の企画・構成・レイアウトを手がけたほか、ミステリ雑誌・SF雑誌のライター、テレビ脚本、映画評論など、多彩なジャンルで才能を発揮した希代のプランナー、そしてジャーナリスト。

大伴は、「ウルトラシリーズ」に登場する怪獣の性格や体内構造を詳細に設定し、少年雑誌で特集を組み、「怪獣大図解」「ウルトラ怪獣入門」等の書籍で紹介して怪獣ブームの火付け役にもなり、当時は“怪獣博士”の異名で多くの子供達に親しまれた。

「一枚の絵は一万字にまさる」と、ビジュアルジャーナリズムの力を信じた大伴昌司。本展では、少年マガジンを中心とした少年雑誌で、怪獣や特撮映画、SF、恐怖文学、CM、劇画など多彩なテーマを先駆的なビジュアル構成で紹介し、多くの人に影響を与えた大伴流“大図解”の世界を、ラフスケッチや構想メモ、南村喬之や柳柊二、石原豪人、水氣隆義らの挿絵原画、当時の雑誌資料などから紹介する。

イベントのウェブサイト http://www.yayoi-yumeji-museum.jp