夢二と大正時代IV グラフィック・アートにみる夢二モダン ―大正13~15年を中心に―

0 Love It
保存する
夢二と大正時代IV グラフィック・アートにみる夢二モダン ―大正13~15年を中心に―

大正100年に当たる2012年の企画展「夢二と大正時代」の最後となる第4弾は、大正13~15年にスポットを当て、夢二の芸術と足跡を辿る。本展では大正13年5月に出版が始まった『婦人グラフ』を中心に展開された、夢二のモダンなグラフィック・アートをはじめ、夢二のアトリエ兼住居“少年山荘”での暮らしぶりと、この時期に制作された作品を展示。加えて、当時の写真と広告を通じ、大正末期の風俗や出来事を紹介する。