多文化アートプラットフォーム2015

0 Love It
保存する
多文化アートプラットフォーム2015

2014年6月から始まった『多文化アートプラットフォーム』は、今年、「考える・行動する・繋がる共創空間」というテーマでワークショップを開催する。同プロジェクトは、日本在住の中国人アーティストで研究者の、リュウ・ルーシャンがファシリテーターを担当し、多様なアイデンティティを持つ人々が織りなす多文化社会のあり方についてともに考えて行動し、他者と繋がる共創空間を目指している。参加者たちは、国、文化、歴史、ジェンダー、労働、婚姻、コミュニケーション、環境など自分の感心分野に基づいた題材をパーソナルな次元から探求し、さらに多様な価値観を持つ他者と対話を行う。絵画や写真などの展示に加え、パフォーマンス、トーク、上映会などプログラムを通して、多文化を巡る様々な日常的な発見をしてほしい。各イベントの詳細はこちらから。

イベント予約は名前、連絡先、参加人数を明記の上、info@chateau2f.com まで連絡を。

イベントのウェブサイト http://www.tabunka-art.com