国立奥多摩美術館~13日間のプレミアムな漂流~

0 Love It
保存する
国立奥多摩美術館~13日間のプレミアムな漂流~

青梅市の旧製材所を会場として利用したアートイベントが開催される。企画展第2弾となる今回は、12組の作家が集まり展覧会を行う。会場は青梅駅よりさらに山間を進んだ土地に位置するため、鑑賞者はより能動的な鑑賞体験をすることになる。参加する作家は、赤石隆明、牛島達治、小鷹拓郎、こようちひろ、Colliu、関野吉晴、武田龍、永畑智大、二十二会、松尾勘太、山本篤、和田昌宏。期間中はトークイベントやライブなどの企画も用意されている。自然に囲まれた山奥で「作家、作品と観賞者のシンプルな結びつき」を感じてほしい。

・9月13日(土)17時00分〜 オープニングパーティー

・9月28日(日)15時00分〜『美術は人のためになるのか?』
彫刻家 袴田京太郎、画家 加藤翼、館長 佐塚真啓によるトークイベント。

・10月11日(土)
10時00分〜『ヒマラヤ山行接待』
館長 佐塚真啓と写真家 赤石隆明と巡る山岳イベント。
・17時00分〜『奥多摩に流れついた男たちの詩』
彫刻家 永畑智大によるパフォーマンスイベント。

・10月12日(日)18時00分〜『MARKが国立奥多摩美術館にやってくる!』
加藤麻季によるソロユニットMARKによる音楽イベント。

・10月13日(月)クロージングパーティー
15時00分〜『牛島達治×関野吉晴×佐塚真啓による風の谷の男の話』
館長 佐塚真啓と牛島達治、関野吉晴によるトークイベント。
トークイベント後に豚の丸焼きを参加者へ振る舞う。
20時00分〜 閉会式
その他イベントは、会期中毎日開催。詳細はホームページを参照。

アクセス
JR『軍畑』駅 徒歩12分

イベントのウェブサイト http://moao.jp/index.html
LiveReviews|0
1 person listening