北川貴好「フロアランドスケープ ー開き、つないで、閉じていく」

0 Love It
保存する
北川貴好「フロアランドスケープ ー開き、つないで、閉じていく」

アサヒ・アートスクエアを“全面開放”し、アーティストと創造力を刺激する空間が出会うことで、両者の新たな可能性を提示することを目指す「オープン・スクエア・プロジェクト」。第一弾となる今回は、都市の建築物や、砂丘、山、公園などの屋外環境を新たな“風景”へと変換する作品で注目を集める美術作家 北川貴好の初個展が開催される。

北川はプレハブ住宅の外壁、内壁にびっしりと4cmの穴を開けた初期作品『ウチを開く』から一貫して、“穴”をモチーフに、環境と対話するインスタレーション作品を制作してきた。何かを通し、またどこかへ通じている“穴”。その“穴”を開けることで、建物や環境に滞留していた光や水、空気や音などに流れを生み出し、新たな秩序を再構築するのが、北川作品の大きな特徴だ。本展で北川は高さ6m、総面積約260m2のアサヒ・アートスクエアの空間全体を使って、新作インスタレーションを発表する。一枚の巨大な床に無数の“穴”を展開し、そこに新旧様々な作品を結 びつけることで、閉じられた屋内空間を「呼吸する」空間へと変換することを試みる。

イベントのウェブサイト http://asahiartsquare.org/floorlandscape