保井智貴『Tranquil Reflection』

0 Love It
保存する
保井智貴『Tranquil Reflection』

興福寺の阿修羅像などに代表される乾漆という技法を使い人物像などをつくる彫刻家、保井智貴の3年振りとなる新作個展。今展では、半貴石、螺鈿、色漆、蒔絵、岩絵具などを用い、気品がある色や模様で装飾された服を纏った3体の人物像が展示される。これらの像は、穏やかに、軽やかに、空気のごとく佇んでいるが、実際は、漆と麻布の張り合わせや螺鈿などの途方もなく長い制作行程を経て生まれたものである。生身の人間と同じように、人物像も簡単には成長しない。そういった時間の経過をゆっくりと想うと、作品との対話関係が自然に成立する。メグミオギタギャラリーの大きな空間の中、保井作品は静か何かを語り、見る側にインスピレーションを湧かせる。

イベントのウェブサイト http://www.megumiogita.com