住友春翠生誕150年記念特別「バロン住友の美的生活展 第2部 数寄者住友春翠ー和の美を愉しむ」

アート, 古典
0 Love It
保存する
バロン住友の美的生活 美の夢は終わらない1
1/2
バロン住友の美的生活 美の夢は終わらない2
2/2

明治から大正にかけて、住友グループの基礎を築いた住友家15代当主、春翠。生涯を通して収集した多彩な美術品が2期に分けて展示される。第2部では、様々な国の美術品が展示された前期とは打って変わり、茶道具など日本の美術品が中心になる。古田織部に学んだ江戸時代前期の茶人、小堀遠州の哲学に触れ、「綺麗さび」を意識しながら収集を行うようになった晩年の春翠。その影響は現在の大阪私立美術館の建つ地にあった、和洋邸宅に飾られた日本東洋絵画にも見られる。青年期から培われた彼の審美眼の真骨頂とも言える作品たちが並ぶ。週末に開催される学芸員によるトークや、コンサートなどにも足を運びたい。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening