モネとジヴェルニーの画家たち

0 Love It
保存する
モネとジヴェルニーの画家たち

印象派の画家クロード・モネは、1883年、42歳の頃からフランスの小村ジヴェルニーで暮らし、近隣の風景を描いて名声を得た。この小村は、たくさんの人に愛され、1915年頃までに、300人を超す芸術家が訪れている。今回は、この地で描かれたモネの作品に加え、義理の娘ブランシュの作品、そしてこの芸術家村で制作した多くのアメリカ人画家の作品に焦点をあてつつ、ひとつの理想郷ではぐくまれた風景と人々の生活の姿、約75点展示する。


リチャード・ミラー 《水のある庭》 1910年頃 油彩・キャンヴァス テラ・アメリカ美術基金蔵


Photography (c) Terra Foundation for American Art, Chicago