クラーク志織 7人の音楽評論家の肖像展

0 Love It
保存する
クラーク志織 7人の音楽評論家の肖像展

画家、クラーク志織が描く7名の音楽評論家の肖像展が、渋谷・SAIDERA PARADISOで開催される。カラフルでPOP、愉快なはずの世界なのに、どことなく滲み出る悲しみがある。新進気鋭の画家・クラーク志織が、青木和富、今井智子、小沼純一、佐藤英輔、高橋健太郎、松山晋也、増渕英紀の7人に会い、「音楽を言葉にする人々を絵にした」という。作品には、各々による「音楽評論とは何か 」の一言が添えらている。



クラーク志織
1983年千葉県生まれ
2006年武蔵野美術大学卒業

ウェブ:www.shioriclark.com/

【展示会歴】
個展
2008 理由なき反復展 (サイデラ・パラディソ)

グループ展
2005 QUOI展 (大倉山Gallery)
2005 異次元パズル (北仲White)
2006 K展 (Gallery Countach)
2007 明後日の謎 (Gallery Countach)
2007 親子展 (Gallery 風土器)
2009 伊勢丹松戸美術画廊
2010 大宮そごう美術画廊
2010 アンデパンダン展 (3331)
2010 Entrance Fee (Art Martket WHOL)
2010 千葉そごう美術画廊

【受賞歴】
2009 デザインアワード2009 入選
2010 縄文Tシャツアートコンテスト 優秀賞
2010 縄文Tシャツアートコンテスト みうらじゅん賞

LiveReviews|0
1 person listening