オスカー・ニーマイヤー展

0 Love It
保存する
オスカー・ニーマイヤー展

ブラジルを代表する建築家、オスカー・ニーマイヤーの展覧会。1987年に世界遺産登録された首都ブラジリアは、都市が建設されて40年未満という、当時の世界遺産としては異例の若い都市だった。ブラジル建国以来の課題であった首都機能の移転を果たすべく、ニーマイヤーの師ルシオ・コスタがマスタープランを描いたブラジリアの、ほとんどの建築を手がけたのがオスカー・ニーマイヤーだ。ル・コルビュジエの都市計画理論を忠実に再現したにも関わらず、同都市は、車中心で人の住みづらい「世紀の失敗作」とまで言わてきた。特に、同じくブラジルの都市計画で、ヒューマンスケールに配慮された成功例とされるクリチバと対比され酷評されてきたブラジリアだが、近年では再評価の気運が高まっている。ニーマイヤーの一見奇抜な建築群は、過酷な気候にも空調なしで対応できる地下空間を積極的に活用するなど、実はサステナビリティについて考え抜かれているという。何もなかった荒野が、半世紀をかけて人と緑の溢れる都市空間へと変貌したという事実が、何よりもブラジリアの魅力を語っている。104歳で大往生を遂げた、偉大な建築家の軌跡をたどる好機だ。

イベントの電話番号 03 5245 4111
イベントのウェブサイト http://www.mot-art-museum.jp
LiveReviews|0
1 person listening