アニマルフィギュアのヒューマンストーリー『タカハシの結婚』タカハシカオリ展

0 Love It
保存する
アニマルフィギュアのヒューマンストーリー『タカハシの結婚』タカハシカオリ展

フィギュア作家、タカハシカオリ。メインシリーズとなる「アニマルシリーズ」では、動物や魚の頭部と人間の身体からなるフィギュアのポップでシュールなテイストと、それらが織りなすどこかノスタルジックな人間ドラマが幅広い層からの支持を得ている。2010年7月に開催された『タカハシカオリ展~ミゾグチ、17歳の恋~』は産経新聞、日本テレビ『スッキリ!!』などのメディアで取り上げられ、会場は多くの来場者で賑わい、次世代のフィギュア・アーティスト/ビジュアル・クリエイターとして注目を集めている。

今回、ロゴスギャラリーで開催される『タカハシの結婚』は約1年ぶりの個展。真摯な友情、変わらない親子の情愛、不器用で切ない愛…といった暖かい情感をバックグラウンドとしてきたタカハシカオリの作品は、人々が心のつながりを強く求めている今のような時代にこそ必要とされ、共感を呼ぶものだと言えるだろう。


タカハシカオリ プロフィール
1983年、東京都生まれ。
2006年、武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科卒業。 以降、フィギュア作家のデハラユキノリ氏のアシスタントを務めながら個展を中心に作品を発表。
2008年、フィギュア作品集「ボクノトモダチ―KOENJI ANIMAL STREET」を出版。
2010年より「日経ビジネス アソシエ(日経BP社刊)」表紙のフィギュア制作を担当。
2010年10月発売の「まわせ大きな地球儀/Chage」(YouTube)のミュージックビデオに作品提供。

タカハシカオリ公式サイト:www.takahashikaori.net/