さいたまトリエンナーレ2016 公式ガイドブック刊行記念 「アート×サッカー+さいたま×スロヴェニア」

0 Love It
保存する
《種は船プロジェクトinさいたま》制作風景- 2016年 - 日比野克彦
1/4
《種は船プロジェクトinさいたま》制作風景- 2016年 - 日比野克彦
《Moon Plain》 2002年 オーストラリア -マテイ・アンドラシュ・ヴォグリンチッチ
2/4
《Moon Plain》 2002年 オーストラリア -マテイ・アンドラシュ・ヴォグリンチッチ
ブランコ・イリッチ、ズラタン・リュビヤンキッチ(浦和レッズ/スロヴェニア出身)
3/4
ブランコ・イリッチ、ズラタン・リュビヤンキッチ(浦和レッズ/スロヴェニア出身)
ネイツ・ペチュニク(大宮アルティージャ/スロヴェニア出身)
4/4
ネイツ・ペチュニク(大宮アルティージャ/スロヴェニア出身)

9月24日(土)から開催される『さいたまトリエンナーレ』。その公式ガイドブックの刊行を記念したトークイベントが下北沢の本屋B&Bにて開催される。登壇者は、『さいたまトリエンナーレ』のディレクターである芹沢高志と、同イベントに作品を出展する日比野克彦、そしてスロヴェニア出身のマテイ・アンドラシュ・ヴォグリンチッチの3人。同イベントの特徴のひとつ、「生活都市が舞台であること」に注目し、市民参加や日常をキーワードにそれぞれが考えるアートの未来について語る。また、さいたま市に拠点を置くJリーグチームで活躍する、スロヴェニア出身の選手3名への特別インタビューも上映。「アート×サッカー」、「さいたま×スロヴェニア」という切り口から質問をぶつけた。国や職種を越え、活躍する6人の声に耳を傾ける。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening